室町幕府[足利幕府] 足利将軍

<-戦国時代ネット <-戦国時代ネットブログ <-戦国時代Youtube ニコニコ動画 <-戦国時代ニュース <-戦国時代年表 <-戦国時代地図 下↓

- 室町幕府 [足利幕府] -
鎌倉時代の後期、天皇家は大覚寺統[だいかくじとう]と持明院統[じみょういんとう]という二つの系統に分かれ、どちらが皇位を継承するかで争っていた。

鎌倉幕府が滅亡すると、大覚寺統の後醍醐天皇は公家優先の建武政権[けんむのしんせい]を行ったため、地方武士の不満は爆発する。その状況を見て、後醍醐天皇の建武政権から離反した足利尊氏は、自らを中心とする武家の幕府を開くことを決意し蜂起する。

建武3年 = 延元元年[1336年]、足利尊氏は大覚寺統の後醍醐天皇[大和国吉野行宮(奈良県吉野郡吉野町)に逃亡中]の南朝に対して、山城国平安京[京都]に持明院統の光明天皇[こうみょうてんのう]の北朝を擁立し、施政方針を示した建武式目を制定して正式に室町幕府を開いた。
第3代将軍の義満が御所を北小路室町へ移すと、義満は「室町殿」と呼ばれ、以来 室町殿は足利将軍を指す事となり、その御所や幕府を室町幕府と呼ぶことになる。

室町幕府まとめ
足利将軍を頂点とする武家政権
幕府と将軍は終始 絶対的権力を持つには至らず脆弱で、守護大名との連合政権だった。磐石の中央集権体制を築けず、不安定さから内部の跡目争いや、身内であるはずの鎌倉府・鎌倉公方などの反乱が頻発し、しばしば苦境に陥った。地方の守護大名は幕府から守護職に任命されていたため、室町将軍の権威を否定する訳にはいかず、全面的に対抗した者はいなかったが、応仁の乱後に将軍の権威が失墜し、国人と呼ばれる在地支配層が台頭して、互いに淘汰しあい統合して強力な戦国大名が生まれ、終いには幕府の力も凌駕し幕府政府は崩壊寸前に陥る。
織田信長が足利義昭を擁し上洛させ、義昭が15代将軍に就任したことで幕府権力が復興したかに思えた。しかし、それは天下布武を目指す信長に利用された形となり、それに気づいた義昭は信長に対抗したが敗れ、終に追放されて室町幕府は滅亡することになる。
    足利将軍の補佐役
  • 中央政治
    • 管領 [かんれい] - 管領には細川氏、斯波氏、畠山氏の三管領とよばれる有力守護大名が交替で就任
      • 侍所 [さむらいどころ] - 侍所長官である所司には赤松氏、山名氏、京極氏、一色氏の四職[ししき]が交替で就任
      • 政所 [まんどころ]
      • 問注所 [もんちゅうじょ]
      • 評定衆 [ひょうじょうしゅう]
      • 引付衆 [ひきつけしゅう]
  • 地方政治
    • 鎌倉府 - 足利尊氏は鎌倉に東国10カ国を統括する機関として鎌倉府を設置した。
      • 鎌倉公方[関東公方] - 鎌倉府の長官は鎌倉公方で尊氏の子・足利基氏の子孫が世襲し、関東管領が補佐した。
        • 関東管領 - 当初は斯波氏、畠山氏が就任していたが、次第に上杉氏が独占しはじめ、最終的には上杉氏が世襲した。
        • 九州探題
        • 奥州管領 [奥羽2国が鎌倉府の管轄下に組み込まれると廃止、一時期 稲村公方と篠川公方が設置される]
        • 奥州探題 [足利義満の時代に設置され、斯波家兼が任じられる]
        • 家兼の死後に羽州探題が分裂

          室町時代を通じて鎌倉公方は幕府と対立し、関東管領を務める上杉氏とも対立していった。

          古河公方[こがくぼう]、堀越公方[ほりごえくぼう]について
          第8代将軍 足利義政は第5代鎌倉公方 足利成氏[あしかがしげうじ]と激しく対立していた。そこで義政は長禄元年[1457年]、天竜寺の僧だった弟の足利政知[あしかがまさとも]を還俗させ正統な鎌倉公方として鎌倉に派遣した。しかし激しい抵抗に会い、鎌倉入りを断念。やむを得ず手前の伊豆堀越に御所を建て留まった。一方、足利成氏は、義政の命を受けた駿河守護の今川範忠[のりただ]に攻められて鎌倉を逐われ下総国古河城に逃亡する[享徳の乱]。その後、双方とも鎌倉公方を称し、足利政知は伊豆堀越の鎌倉公方 = 堀越公方、足利成氏は下総国古河の鎌倉公方 = 古河公方としたため、見た目には鎌倉公方が並立する形となった。

          第5代 古河公方 足利義氏[あしかがよしうじ]は足利晴氏の子だが、母は北条氏綱の娘で、北条氏康の娘と結婚して名目上の古河公方として北条家の傀儡と化した。そのため足利義氏の就任を認めない関東管領の上杉謙信らは足利藤氏を擁立した。足利藤氏は室町幕府からも足利晴氏の次の古河公方として認められた。
- 室町幕府 歴代将軍 -
?@ 足利尊氏
あしかが たかうじ
暦応元年(1338年)8月11日 - 延文3年(1358年)4月30日 享年54
?A 足利義詮
あしかが よしあきら
延文3年(1358年)12月18日 - 貞治6年(1367年)12月7日 享年38
?B 足利義満
あしかが よしみつ
太政大臣 応安元年(1368年)12月30日 - 応永元年(1394年)12月17日 享年51
?C 足利義持
あしかが よしもち
応永元年(1394年)12月17日 - 応永30年(1423年)3月18日 享年43
?D 足利義量
あしかが よしかず
応永30年(1423年)3月18日 - 応永32年(1425年)2月27日 享年19
?E 足利義教
あしかが よしのり
正長2年(1429年)3月15日 - 嘉吉元年(1441年)6月24日 享年48
?F 足利義勝
あしかが よしかつ
嘉吉2年(1442年)11月17日 - 嘉吉3年(1443年)7月21日 享年10
?G 足利義政
あしかが よしまさ
文安6年(1449年)4月29日 - 文明5年(1473年)12月19日 享年55
?H 足利義尚
あしかが よしひさ
文明5年(1473年)12月19日 - 長享3年(1489年)3月26日 享年25
?I 足利義材[義尹よしただ ⇒ 義稙よしたね]
あしかが よしき
延徳2年(1490年)7月5日 - 明応10年(1494年)享年58
?J 足利義澄
あしかが よしずみ
明応10年(1494年)12月27日 - 永正5年(1508年)4月16日 享年32
?I 再 足利義稙
あしかが よしたね
永正5年(1508年)7月1日 - 大永元年(1521年)12月25日
?K 足利義晴
あしかが よしはる
大永元年(1521年)11月25日 - 天文15年(1546年)12月20日 享年40
?L 足利義輝
あしかが よしてる
天文15年(1546年)12月20日 - 永禄8年(1565年)5月19日 享年30
?M 足利義栄
あしかが よしひで
永禄11年(1568年)2月8日 - 9月 享年29
?N 足利義昭
あしかが よしあき
永禄11年(1568年)10月18日 - 天正16年(1588年)1月13日 享年61 ( - 元亀4年(1573年)7月)
室町幕府
歴代将軍
                足利貞氏
あしかがさだうじ
   
               
┏━━
?@足利尊氏
あしかがたかうじ
━┻━
━━┓
足利直義[高国]
あしかがただよし
 
               
┣━━
?A足利義詮
あしかがよしあきら
━━━
━━━
━━┓
鎌倉公方[関東公方]
1.足利基氏
あしかがもとうじ
               
?B足利義満
あしかがよしみつ
   
2.足利氏満
あしかがうじみつ
             
┏━━
?E足利義教
あしかがよしのり
━╋━
足利義嗣
あしかがよしつぐ
━━┓
?C足利義持
あしかがよしもち
 
3.足利満兼
あしかがみつかね
     
┏━━
堀越公方
1.足利政知
あしかがまさとも
━━━
━┳━
足利義視
あしかがよしみ
━┳━
?G足利義政
あしかがよしまさ
━━┫
?F足利義勝
あしかがよしかつ
 
?D足利義量
あしかがよしかず
 
4.足利持氏
あしかがもちうじ
   
┏━
2.足利茶々丸
あしかがちゃちゃまる
━┫
?J足利義澄
あしかがよしずみ
?I再 足利義稙よしたね
 
?I足利義材
あしかがよしき
[義尹よしただ ⇒ 義稙よしたね]

?H足利義尚
あしかがよしひさ
       
5代鎌倉公方
= 古河公方
1.足利成氏
あしかがしげうじ
┏━
足利義維
あしかがよしつな
━━━
━━━
━┫
?K足利義晴
あしかがよしはる
             
2.足利政氏
あしかがまさうじ
?M足利義栄
あしかがよしひで
 
┏━
?N足利義昭
あしかがよしあき
━┫
?L足利義輝
あしかがよしてる
             
3.足利高基
あしかがたかもと
                     
4.足利晴氏
あしかがはるうじ
                     
5.足利義氏
あしかがよしうじ
                     
足利藤氏
あしかがふじうじ


2ちゃんねるスレ 室町 足利将軍
<-戦国時代ネット ↑上