<-戦国時代ネット
戦国時代ネット更新情報 & かんりにんメモ
  • 2008/01/10()
    後北条氏五代
    初代 北条早雲
    2代 北条氏綱
    3代 北条氏康
    4代 北条氏政
    5代 北条氏直

    綱康政直
  • 2007/11/20()
    室町幕府
    →リンク

    三管領
    細川、斯波、畠山

    四職[ししき]
    赤松、山名、京極、一色
    覚え方:赤山京一[あかやまきょういち]
  • 2007/11/10()
    天台宗 最澄[さいちょう] 妙法蓮華経 比叡山延暦寺

    禅宗 栄西が伝え のちに臨済宗へ 座禅

    曹洞宗[そうとうしゅう] 道元 座禅

    浄土宗 法然 南無阿弥陀仏

    浄土真宗[一向宗、門徒宗] 親鸞 悪人正機説 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや 石山本願寺

    時宗 一遍 踊念仏

    日蓮宗 日蓮 南無妙法蓮華経
  • 2007/11/09()
    豊臣秀頼

    ▼五大老
    徳川家康
    前田利家
    宇喜多秀家
    毛利輝元
    上杉景勝

    ▼五奉行
    石田三成
    浅野長政
    前田玄以
    増田長盛
    長束正家
  • 2007/11/05()
    応仁の乱
    1467年〜

    ■東軍
    細川勝元
    足利義視[よしみ]
    斯波義敏[しばよしとし]
    畠山政長

    ■西軍
    山名持豊[やまなもちとよ]
    日野富子
    足利義尚[よしひさ]
    斯波義廉[よしかど]
    畠山義就[よしなり]
  • 2007/10/27()
    天正遣欧使節[てんしょうけんおうしせつ]
    天正遣欧少年使節とも

    キリスト教を日本で布教するための支援をローマ教皇から得るため、九州のキリシタン大名である大友宗麟、大村純忠、有馬晴信の名代として少年4人がローマへ派遣される

    天正10年[1582年]2月 長崎出発 〜 天正13年[1585]年3月 ローマ到着

    伊東マンショ
    千々石ミゲル[ちぢわ]
    中浦ジュリアン
    原マルチノ

    4人はローマ教皇グレゴリウス13世やスペイン国王に謁見するなど、ヨーロッパ各地で歓迎される。

    そして、天正18年[1590年]に帰国するものの、帰国の3年前[天正15年 1587年]には豊臣秀吉によるバテレン追放令が出されており、さらに彼らを派遣した大友宗麟や大村純忠は既に死亡していた。
    当然、4人は行き場を失い、失意のうちに追放や死刑に処されている。

    伊東マンショ
    九州各地で布教、病死

    千々石ミゲル[ちぢわ]
    キリスト教を棄教

    中浦ジュリアン
    布教活動を続け、寛永10年[1633年] 逆さ吊りの刑で処刑

    原マルチノ
    慶長19年[1614年] マカオに追放
  • 2007/10/22()
    室町幕府のおさらい
    →リンク

    - 室町幕府 -
    足利将軍の補佐役

    中央政治
    管領 [かんれい] 管領には細川氏、斯波氏、畠山氏の三管とよばれる有力守護大名が交替で就任
    侍所 [さむらいどころ] 侍所長官である所司には赤松氏、一色氏、山名氏、京極氏の四職が交替で就任
    政所 [まんどころ]
    問注所 [もんちゅうじょ]
    評定衆 [ひょうじょうしゅう]
    引付衆 [ひきつけしゅう]

    地方政治
    足利尊氏は鎌倉に東国10カ国を統括する機関として鎌倉府を設置した。
    長官は鎌倉公方[関東公方]で尊氏の子・足利基氏の子孫が世襲し、関東管領が補佐した。
    室町時代を通じて鎌倉公方は幕府と対立し、関東管領を務める上杉氏とも対立していった。


    - 室町幕府 歴代将軍 -

    1 足利尊氏
    あしかが たかうじ
    暦応元年(1338年)8月11日 - 延文3年(1358年)4月30日 享年54

    2 足利義詮
    あしかが よしあきら
    延文3年(1358年)12月18日 - 貞治6年(1367年)12月7日 享年38

    3 足利義満
    あしかが よしみつ
    太政大臣 応安元年(1368年)12月30日 - 応永元年(1394年)12月17日 享年51

    4 足利義持
    あしかが よしもち
    応永元年(1394年)12月17日 - 応永30年(1423年)3月18日 享年43

    5 足利義量
    あしかが よしかず
    応永30年(1423年)3月18日 - 応永32年(1425年)2月27日 享年19

    6 足利義教
    あしかが よしのり
    正長2年(1429年)3月15日 - 嘉吉元年(1441年)6月24日 享年48

    7 足利義勝
    あしかが よしかつ
    嘉吉2年(1442年)11月17日 - 嘉吉3年(1443年)7月21日 享年10

    8 足利義政
    あしかが よしまさ
    文安6年(1449年)4月29日 - 文明5年(1473年)12月19日 享年55

    9 足利義尚
    あしかが よしひさ
    文明5年(1473年)12月19日 - 長享3年(1489年)3月26日 享年25

    10 足利義材
    あしかが よしき
    延徳2年(1490年)7月5日 - 明応10年(1494年)享年58

    11 足利義澄
    あしかが よしずみ
    明応10年(1494年)12月27日 - 永正5年(1508年)4月16日 享年32

    10
    再 足利義稙
    あしかが よしたね
    永正5年(1508年)7月1日 - 大永元年(1521年)12月25日

    12 足利義晴
    あしかが よしはる
    大永元年(1521年)11月25日 - 天文15年(1546年)12月20日 享年40

    13 足利義輝
    あしかが よしてる
    天文15年(1546年)12月20日 - 永禄8年(1565年)5月19日 享年30

    14 足利義栄
    あしかが よしひで
    永禄11年(1568年)2月8日 - 9月 享年29

    15 足利義昭
    あしかが よしあき
    永禄11年(1568年)10月18日 - 天正16年(1588年)1月13日 享年61
    ( - 元亀4年(1573年)7月)
  • 2007/10/19()
    いつも忘れてしまうのが、三好三人衆。
    特に、三好長逸と三好政康。三好って沢山いるからね。
    気がつくとあれなんだったっけ状態。
    そこで、浅井長政ならすぐに思い浮かぶので、長政 ⇒ 長逸、政康
    あとは、岩成友通を単体で覚える。

    三好長逸 みよしながゆき
    三好政康 みよしまさやす
    岩成友通 いわなりともみち

©戦国時代ネット Sengokujidai.net All rights reserved.